ニュース
» 2014年10月15日 11時50分 UPDATE

ADI AD7981:過酷な温度環境でも高速かつ高精度に動作、ADIの16ビットA-Dコンバータ

アナログ・デバイセズ(ADI)の「AD7981」は、最高175℃の高温環境でも、高速かつ高精度に動作する逐次比較型(SAR)の16ビットA-Dコンバータである。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズ(ADI)は2014年10月、高温環境でも高速かつ高精度に動作する逐次比較型(SAR)の16ビットA-Dコンバータ「AD7981」を発表した。石油/天然ガスの掘削装置や過酷な環境で用いられる測定機器、産業機器、航空用電子機器などの用途に向ける。

 AD7981は、サンプルレートが最高600kサンプル/秒で、広帯域の音波や振動測定、消費電力が小さく狭帯域の圧力/温度計測を求められる用途に適しているという。特に、消費電力は600kサンプル/秒で動作時に4.65mW、10kサンプル/秒の動作速度ではわずか70μWと極めて小さい。このため、バッテリ駆動機器などにおいて長時間使用を可能とする。

tm_14015adi01.jpg AD7981の外観

 AD7981は、INL(積分非直線性誤差)が0.7LSB(typ)、SNR(信号対ノイズ比)は91dB(typ)を達成するなど、高いダイナミックレンジと精度を実現している。しかも、動作温度範囲は−55〜175℃と広い。パッケージは10端子MSOPで供給する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.