ニュース
» 2014年10月15日 12時55分 UPDATE

ルネサス RH850/P1xシリーズ:ルネサスが「世界初」の40nmプロセス採用シャシー向け車載マイコンを出荷

ルネサス エレクトロニクスは2014年10月、電動パワーステアリング(EPS)やブレーキシステムなどのシャシーシステム向け車載マイコン「RH850/P1xシリーズ」のサンプル出荷を開始した。「シャシーシステム向けマイコンとしては世界で初めて40nmプロセスを採用した」(同社)。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2014年10月15日、電動パワーステアリング(EPS)やブレーキシステムなどのシャシーシステム向け車載マイコン「RH850/P1xシリーズ」を発表し、第1弾として「RH850/P1M」のサンプル出荷を開始した。「シャシーシステム向けマイコンとしては世界で初めて40nmプロセスを採用した」(ルネサス)。サンプル価格は8000円で、2016年6月から量産を行う。

消費電流を半減し、標準パッケージ化

 RH850/P1Mは、40nmプロセスに加え、フラッシュメモリに独自のMONOS(Metal-Oxide-Nitride-Oxide-Silicon)構造を採用し、従来品に比べ周波数当たりの消費電流を半減させた。消費電流を抑えたことで、動作周波数160MHzでも標準的なQFPパッケージを採用できるようになった他、コア電圧生成用レギュレータを内蔵し単一電源化が可能になった。

tt141015RENESAS001.jpg 電動パワーステアリングやブレーキシステムなどのシャシーシステム向け車載マイコン「RH850/P1xシリーズ」 (クリックで拡大)
tt141015RENESAS002.jpg RH850/P1Mのブロック図(144ピン、コードフラッシュ2Mバイト容量品) (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 高い故障診断率、短い制御周期が要求されるシャシーシステムに対応する故障診断機能を搭載した。CPUにはロックステップ方式*)を採用した上、フラッシュメモリなど各メモリにはECC(Error Check and Correct)機能を盛り込み、データの誤り訂正・検出が行える。タイマーやA-Dコンバータ、シリアル通信などの周辺機能にもシステムで診断するための故障検出機能を搭載し、BIST(Built-in Self-Test)機能により各故障検出機能自身の故障を検出できる。またECM(Error Control Module)を搭載し、各モジュールからのエラー信号入力に対してエラー端子出力やリセット発生などの設定が行える。

*)ロックステップ方式:2つのCPUコアで同じソフトを動作させ、その結果をコンパレータで比較しエラーを検出する動作方式

 ルネサスでは「これら豊富な診断機能に加え、(開発中の)専用電源管理IC(型番:RAA270005KFP)と組み合わせた“キット”として使用することにより、マイコン外部/内部の電源監視、異常発生時のリセット制御が可能でありユーザーの開発設計の負担軽減に貢献する」という。

モーター制御用タイマーも強化

 シャシーシステムのモーター制御性能向上のため、モーター制御用タイマーを強化した「TSG3(Timer S Generation 3)」を搭載した点も特長。シリアル通信はCANプロトコルエンジンを従来製品から継承し、送受信メッセージ・バッファ数の拡張や通信バッファの使いやすさを改善した「RS-CAN」を搭載。センサーのデジタルインタフェースとして広く採用が進んでいるSENT、PSI5も備えている。

 RH850/P1Mには、144ピン品と、100ピン品の2種がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.