ニュース
» 2014年11月10日 10時05分 UPDATE

オン・セミコンダクター KAE-02150:太陽光から星明りまで1台のカメラで対応、オン・セミのCCDイメージセンサー

オン・セミコンダクターは、太陽光から星明りまで、ダイナミックレンジの広い画像入力に対応できるCCDイメージセンサー「KAE-02150」を開発し、サンプル出荷を始めた。

[EDN Japan]

 オン・セミコンダクターは2014年11月、太陽光から星明りまで、ダイナミックレンジの広い画像入力に対応できるCCDイメージセンサー「KAE-02150」を開発し、サンプル出荷を始めた。監視、防衛/軍事、科学、医療分野の画像処理や高度道路交通システムのカメラ用途などに向ける。

 KAE-02150は、インターライン転送型CCDのピクセル設計技術と、新規に開発した電子倍増(EM)出力構造を組み合わせた。これによって、同一の画像内にある低ゲインの信号と高ゲインの信号を、画素ごとに処理して出力することが可能な回路を実現し、広いダイナミックレンジを達成することができた。解像度は1080p(1920×1080画素)に対応している。

tm_141110onsemi01.jpg KAE-02150の外観

 具体的には、撮影された画像に応じて、照度の低い領域にある画素の信号はEMCCD(高ゲイン)増幅器へ選択的に出力する。これに対して、明るい領域にある画素の信号は従来通りCCD(低ゲイン)増幅器に振り分けて出力する。このゲイン切り替え機能によって、1台のカメラで照度が大きく異なるエリアを撮影しても、従来製品に比べて白トビや黒つぶれの少ない画像を得ることができるようになった。

 KAE-02150は、これまで実績のあるTRUESENSE 5.5μmのIT-CCDプラットフォームをベースに設計されている。このプラットフォームを用い、すでに1M〜29MピクセルのCCDイメージセンサーが製品化されているという。今後は、解像度や画素サイズの異なるKAEシリーズを開発し、幅広い仕様の製品を供給していく予定だ。また、KAE-02150の評価キットも2014年末までには提供していく計画である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.