ニュース
» 2014年11月18日 20時45分 UPDATE

TDK SMG4Aシリーズ:mSATA対応SSD、バックアップ回路内蔵でMLC NAND搭載品も

mSATA SSD「SMG4Aシリーズ」は、SLC NAND型フラッシュメモリだけでなく、MLCにも対応していることが特長だ。信頼性の面でSLCよりも劣るMLCだが、TDKは、独自に開発した内部電源バックアップ回路を搭載することで、電源遮断時のデータ書き込み信頼性を向上した。

[EDN Japan]

 TDKは2014年11月18日、mSATAに対応した産業用SSD「SMG4Aシリーズ」を発表した。2015年1月から発売を開始する。サンプル出荷はなく、価格は個別の問い合わせ。組み込みCPUボード、工作機械などのFA機器全般の他、ベッドサイドモニターなどの医療機器、スマートメーター、セキュリティ端末といった用途に向ける。

メモリ容量とコストのバランスが取りやすく

 新シリーズの最大の特長は、内部電源バックアップ回路を搭載したことにより、SLC NAND型フラッシュメモリだけでなく、MLC NAND型フラッシュメモリにも対応できるようになったことだ。

 SLC NANDフラッシュに比べて安価なMLC NANDフラッシュはニーズが高いが、電源遮断時の対策が取られていない場合、書き込み対象以外のデータを破壊してしまうという問題がある。これは、産業機器向けのSSDでは大きな障害になる。そこでSMG4Aシリーズは、バックアップ回路を追加することでMLC NANDフラッシュ搭載時の信頼性を上げた。MLC NANDフラッシュにも対応したことで、メモリ容量とコストのバランスを取りやすくなった。

 同シリーズは約30mm×50mmと小型だが、メモリ容量はSLCで最大64Gバイト、MLCで最大128Gまでをそろえている。

mm141118_tdk.jpg 「SMG4Aシリーズ」(クリックで拡大)

 TDKは、「大容量のメモリが欲しいというニーズはあるが、SLC NANDフラッシュは容量が上がるとコスト面が厳しくなってくる。コストを抑えるにはMLC NANDフラッシュをどれだけ使いこなせるかにある」と説明する。

 さらに、コントローラICも一新した。新たに設計した「GBDriver RS4」を搭載したSMG4Aシリーズは、215Mバイト/秒の読み込み速度、95Mバイト/秒の書き込み速度を実現。書き込み速度は従来品に比べて約2倍となっている。ECC(エラー検出訂正)は、従来は44ビット/Kバイトだったが、今回は標準で71ビット/Kバイトに向上している。オプションの「Enhance ECC機能」を使えばそれが71ビット/512バイトと、さらに2倍になる。

 SMG4Aシリーズは台湾で製造し、月産1万個を目指す。

 なお、TDKは2014年11月19〜21日に横浜市で開催される「組込み総合技術展 Embedded Technology 2014(ET2014)」に、SMG4Aシリーズを出展する。


特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.