ニュース
» 2014年11月23日 10時00分 UPDATE

FAニュース:マキシム、インダストリー4.0向け「Micro PLC技術」のリファレンスデザイン発表

PLC実装面積を10分の1に小型化した他、50%以上の省電力により、ファンレス動作とI/Oの高密度化を可能にした。デジタルI/Oデータは従来の70倍高速で処理でき、製造スループットも向上した。

[MONOist]

 Maxim Integrated Products(以下、マキシム)は2014年9月30日、インダストリー4.0をより少ない電力・部品・総コストで実現するためのツールを作成できる「Micro PLC技術」のリファレンスデザインを発表した。プラットフォームは、スタンドアロンサブシステムとしての動作と、ラップトップのUSBポートによる設定・テストが可能な5つのリファレンスデザインで構成している。

 PLC(プログラマブルロジックコントローラ)は、工場全体で動作するセンサー・機械の制御・整合をするシステムの中心的なビルディングブロック。同社のMicro PLC技術は、「スマートインテグレーション」と独自のプロセス技術を介してPLC実装面積を10分の1に小型化した。そのため、モジュール型PLCで工場の1フロアに近い全機能を実現できる。

 また、50%以上の省電力化により、ファンレス動作とI/Oの高密度化を可能にした。デジタルI/Oデータは従来の70倍高速で処理できるため、製造スループットも向上している。さらに、部品数の削減、信頼性の向上、診断機能により、1日24時間・週7日・1年365日のライン稼働に対応できる。

 同時に、Industry 4.0モデルに対応するため、Micro PLCと相互動作が可能な製品として、デルタシグマADC「MAX11270」、高効率電源モジュール「MAX17515」、超小型同期整流ステップダウンDC-DCコンバータ「MAX17552」も開発した。

 リファレンスデザインの価格は、4チャネルアナログ入力ボードの「MAXREFDES61#」が39ドルで、回路図・レイアウトファイル・ファームウェアは無料で利用できる。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.