Special
» 2014年11月26日 00時00分 UPDATE

これだけは知っておきたいアナログ用語:AM変調

[PR/EDN Japan]
PR

photo

AM変調

mm141126_ti1.jpg 図1 AM変調の原理
入力アナログ信号を、搬送波の振幅方向の強弱を利用して伝送する方式である。入力アナログ信号と搬送波を掛け合わせたものがAM変調波となる。なお、この波形は搬送波抑圧AM変調の場合である

 AM変調とは、送信したい情報(入力アナログ信号)を、搬送波の振幅方向の強弱を利用して伝送する方式のこと(図1)。AMとは「Amplitude Modulation」の頭文字をとった言葉で、日本語では振幅変調と呼ばれる。

 AM変調は、最も基本的な変調方式と言えるだろう。このため、多くの用途で採用されている。代表的なのは、AMラジオ放送やVHF/UHF航空無線、アマチュア無線、短波業務無線などだ。さらに、現在はサービスが停止したが、地上波アナログ・テレビ放送(映像信号)もAM変調を採用していた。

 AM変調のメリットは、送信機や受信機の回路構成がシンプルな点にある。このため、小型化や低コスト化が比較的容易だ。その一方でデメリットもある。ノイズに弱く、高い音質が得にくいことである。ただし、ある程度ノイズが載ってしまっても、情報の内容を聞き分けられる。これはメリットと言ってもよいだろう。

帯域幅を節約

 AM変調には、いくつか種類がある。例えば、残留側波帯AM変調(VSB-AM:Vestigial Sideband AM)という方式がある。これは、前述の地上波アナログ・テレビ放送(映像信号)で使われていた方式だ。送信時に使用する帯域幅を狭くするために、送信信号のスペクトラム成分のうち、下側波帯の一部を取り除いて伝送する。こうすることで、送信機と受信機の回路構成は若干複雑になるが、帯域幅を狭くできる。

 さらにアマチュア無線や短波業務無線などでは、上側波帯(USB:Upper Sideband)もしくは下側波帯(LSB:Lower Sideband)に加えて、搬送波をカットする抑圧搬送波単側波帯(SSB:Single Sideband)という方式を採用している。この方式も送信機と受信機の回路構成が複雑になるというデメリットがあるものの、少ない電力で長距離の通信が可能になるという大きなメリットがある。

 このほかAM変調の種類としては、抑圧搬送波両側波帯(DSB:Double Sideband AM)方式や、全搬送波両側波帯(DSB-WC:Double Sideband With Carrier)方式などがある。一般にAM変調と呼ばれるのは、DSB-WC方式のことである。

TIの高性能広帯域 RF/IF製品


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.