ニュース
» 2014年11月26日 19時50分 UPDATE

Power Integrations InnoSwitch:フォトカプラ不要のAC/DCコンバータIC、中国CQCなどに準拠

Power IntegrationsのAC/DCコンバータIC「InnoSwitch」は、2次側から1次側にフィードバックに、新しく開発した「FluxLink」を採用している。磁束を利用してフィードバック情報を送るもので、フォトカプラが不要になる。

[EDN Japan]

 Power Integrationsは2014年11月、AC/DCコンバータICの新ファミリ「InnoSwitch」を発表した。

 InnoSwitchは、耐圧650VのパワーMOSFET、1次側コントローラ、同期整流(SR)機能を持つ2次側コントローラ、フィードバッグ回路を、16端子の「eSOP」パッケージに搭載したもの。このフィードバック回路に採用されているのが、Power Integrationsが新たに開発した「FluxLink」技術である。FluxLinkは磁束を利用してフィードバック情報を2次側から1次側に送信するものだ。フォトカプラなどの絶縁フィードバックが不要になるので、部品点数が減って設計がよりシンプルになり、フォトカプラの経年劣化による性能の低下もなくなる。

mm141126_pi1.jpg 「InnoSwitch」のブロック図。1次側と2次側をつないでいるのが「FluxLink」である 出典:Power Integrations

 最大25Wの出力を実現していて、携帯電話機やセットトップボックス(STB)、ゲーム機など幅広い用途に使用することが可能だ。さらに、米国エネルギー省(DoE:Department of Energy)が2016年から義務付ける新しいエネルギー効率基準であるLevel 6も満たしている。さらに、中国の安全規格であるCQCにも準拠していて、標高5000mで使用することもできる。

mm141126_pi2.jpg InnoSwitchのイメージ 出典:Power Integrations

 1万個購入時の単価は0.59〜0.78米ドル。Power IntegrationsのWebサイトでは、5V/2AのUSBチャージャのリファレンス設計などを公開している。InnoSwitchを使えば、このチャージャが30個程度の部品で構成できる。Power Integrationsによれば、これは既存品に比べて約1/3の部品点数だという。

 Power Integrationsは米国カリフォルニアを拠点とし、高耐圧の電力変換システム向けAC/DCコンバータICやLEDドライバIC、IGBTなどを手掛けるファブレス半導体メーカーである(関連記事:USB充電をより速く、クアルコムと協業しスマホ市場で地位向上を狙うPower Integrations)。2013年の売上高は3億4700万米ドルである。

関連キーワード

アイソレータ | 設計 | IGBT | LEDドライバ | MOSFET


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.