ニュース
» 2014年11月28日 16時05分 UPDATE

ノイズ研究所 NKU07M32G:アンテナ交換の手間を省く、ノイズ研究所のEMS試験用アンテナ

ノイズ研究所の「NKU07M32G」は、狭い隙間での妨害波試験を容易にする薄型プレート広帯域アンテナである。自動車や医療機器、電子機器などにおける近接イミュニティ(電磁耐性、EMS)試験の用途に向ける。

[EDN Japan]

 ノイズ研究所は2014年11月、狭い隙間での妨害波試験を容易にする薄型プレート広帯域アンテナ「NKU07M32G」を発表した。自動車や医療機器、電子機器などにおける近接イミュニティ(電磁耐性、EMS)試験の用途に向ける。

 NKU07M32Gは、独自の平面状のアンテナパターン配線技術により、広い範囲の周波数で共振する放射部とグラウンド部を設けている。これにより、広帯域にわたりダイポールアンテナ並の利得とVSWR(電圧定在波比)を実現することができた。外形寸法は50×186mmで厚みは8mmである。小型でフラットな形状とし、ハンドル部はフレキシブルな構造になっているため、隙間の少ない場所での妨害波試験が容易になるという。

tm_141128noise01.jpg 薄型プレート広帯域アンテナ「NKU07M32G」と、オプションのアンテナハンドル部を組み合わせた例

 しかも、1つのアンテナで700MHz〜3.2GHzという広帯域をカバーすることができる。このため、これまでのように複数のアンテナを用意しておき、測定する周波数帯域によって交換することが少なくなり、作業効率を改善することができるという。デジタル変調などブロードバンド帯域での信号検出にも適している。

 NKU07M32Gは2014年12月1日より発売する。価格(税別)はアンテナが30万円、オプションのアンテナハンドルが15万円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.