ニュース
» 2015年01月08日 12時00分 UPDATE

オン・セミコンダクター AR1335:感度を18%改善、スマホ向け13MピクセルCMOS画像センサー

オン・セミコンダクターは、13MピクセルのCMOS画像センサー「AR1335」を発表した。前世代品に比べて感度を18%改善した。スマートフォンのカメラ機能用途に向ける。

[EDN Japan]

 オン・セミコンダクターは2015年1月、13MピクセルのCMOS画像センサー「AR1335」を発表した。前世代品に比べて感度を18%改善した。スマートフォンのカメラ機能用途に向ける。

 AR1335は、1.1μmピクセル技術を用いて設計/製造した。これにより、量子効率(QE)を向上させ、リニア・フルウェルキャパシティを増加させることができたため、これまでより感度を高めることができた。この結果、低照度における撮影でも、より高画質の画像を得ることが可能となる。

tm_150107onsemi01.jpg 13MピクセルのCMOS画像センサー「AR1335」のダイチップ

 AR1335は、4K解像度で30フレーム/秒のシネマフォーマットや、60フレーム/秒でフルHDの動画撮影などにも対応することができるという。AR1335はすでに量産供給を行っており、2015年6月までに販売が予定されている複数のスマートフォンに組み込まれる予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.