ニュース
» 2015年01月14日 12時00分 UPDATE

東芝 MQ02ABD100H/MQ02ABF050H:19nm第2世代NAND搭載、2.5型SSHD

東芝は、2.5型のソリッドステートハイブリッドドライブ(SSHD)として、「MQ02ABD100H」と「MQ02ABF050H」を商品化した。19nm第2世代プロセスのMLC型NANDフラッシュメモリを搭載している。

[EDN Japan]

 東芝は2015年1月、2.5型のソリッドステートハイブリッドドライブ(SSHD)として、高さ9.5mm/記憶容量1Tバイトの「MQ02ABD100H」と、高さ7mm/記憶容量500Gバイトの「MQ02ABF050H」を商品化したと発表した。同年2月から、サンプル出荷を開始する。

 SSHDは、NAND型フラッシュメモリを搭載したHDDで、大容量と高速性を両立した製品となる。1台のドライブとして動作するため、HDDとSSDの2台使いのように、システム側でデータの記録ドライブを制御する必要がない。システム内の2.5型HDDをそのまま置き換えることも可能で、既存システムのパフォーマンス向上に貢献できるという。

MLC型NANDフラッシュメモリ搭載

 新商品のMQ02ABD100H/MQ02ABF050Hは、19nm第2世代プロセスのMLC型NANDフラッシュメモリを搭載した。さらに、HDDをコントロールするSoC(システムオンチップ)に、NAND型フラッシュメモリをコントロールする機能を含む構成としている。これにより、同社のNAND型フラッシュメモリ・SSD開発の経験を生かした不良ブロック管理・エラー訂正・論理ブロック変更・ウェアレベリングなどの技術と、HDDコントロール技術とを統合し、効果的にSSHDの動作を制御できる。

Rel_150107_toshiba.jpg 東芝:2.5型ソリッドステートハイブリッドドライブ(SSHD)

関連キーワード

NAND | フラッシュメモリ | HDD | 東芝 | MLC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.