ニュース
» 2015年01月26日 10時35分 UPDATE

マイクレル MIC95410:1.2×2.0mmサイズの超小型7Aロードスイッチ

マイクレルは、1.2×2.0mmの小型パッケージに収めた7Aロードスイッチ「MIC95410」を発表した。2.7〜9Vのバイアス電圧で動作し、0.5〜5.5Vの負荷回路電圧をスイッチできる。

[EDN Japan]

 マイクレル・セミコンダクタ・ジャパンは2015年1月、1.2×2.0mmの小型パッケージに収めた7Aロードスイッチ「MIC95410」を発表した。最新のパッケージ技術と独自特許のMOSFETテクノロジーにより、ボードスペースを40%以上削減したという。

 MIC95410は、産業用コンピューティング・サーバボード・医療機器・タブレット・ノート型PC・ソリッドステートドライブなどのアプリケーションに必要なシーケンス制御電源において、ランプ制御されたパワーアップ(電源投入時)機能を持つ。

0.5〜5.5Vの負荷回路電圧をスイッチ

 電力分配を必要とするシステムに使用可能で、2.7〜9Vのバイアス電圧で動作し、0.5〜5.5Vの負荷回路電圧をスイッチできる。統合FET(電界効果トランジスタ)の低い6.6mΩのオン抵抗は、消費電力を最低限に抑え、スイッチ全体の電圧降下を減らすため、低電圧アプリケーションの回路下流電圧精度を保つことができる。

 また、シーケンス制御用入力機能の他、オプションで出力スルーレート調整用コンデンサー接続端子もある。接合部の動作温度範囲は、−40〜+125℃となっている。

 単価は1000個ロット時/0.45米ドルとなっている。

Rel_150114_micrel.jpg MIC95410のイメージ

関連キーワード

マイクレル | 電源 | MOSFET | サーバ | トランジスタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.