メディア
ニュース
» 2015年02月05日 11時30分 UPDATE

東芝 TCB001HQ:アイドリングストップ時の音切れ/異音を防ぐ、カーオーディオ用パワーIC

東芝は、カーオーディオ向け4チャネル内蔵のパワーアンプ「TCB001HQ」を製品化した。最小動作電圧を6Vに低減したことで、バッテリー電圧降下時の音切れや異音を防止できる。

[EDN Japan]

 東芝は2015年1月、最小動作電圧を低減し、電波ノイズに対する耐性を強化したカーオーディオ向け4チャネル内蔵のパワーアンプ「TCB001HQ」を製品化したと発表した。同年3月に量産を開始する予定。

 TCB001HQは、最小動作電圧を従来の8Vから6Vに低減したことで、アイドリングストップ時に発生する、バッテリー電圧降下時の音切れや異音を防止できる。

ノイズ耐性を強化

 また、新開発のフィルタ回路により、ノイズ耐性をさらに強化した。これにより、携帯電話などの電波ノイズが音質に与える影響を小さくできる。さらに、ミュート/スタンバイ機能やスピーカ焼損防止機能を内蔵した他、熱遮断・過電圧・天絡・地絡・負荷短絡時の保護回路機能も強化した。

 サンプル価格は400円(税込)で、パッケージは「HZIP25-P-1.00F」を採用した。

Rel_150128_toshiba.jpg カーオーディオ用パワーIC「TCB001HQ」

関連キーワード

オーディオ | カーオーディオ | 東芝 | 回路


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.