ニュース
» 2015年02月10日 11時30分 UPDATE

SMK USB3.1 Micro-Bコネクタ:USB3.1規格準拠のMicro-Bコネクタ

SMKは、通信/充電用途の接続用に「USB3.1 Micro-Bコネクタ」を発売した。独自の二重シールドケース構造により、コジリ負荷に対する耐変形強度を向上した。

[EDN Japan]

 SMKは2015年1月、タブレットPC、デジタルカメラ、ポータブルHDDなどの通信/充電用途の接続用に、USB3.1規格に準拠した「USB3.1 Micro-Bコネクタ」を発売した。

二重シールドケース構造

 USB3.1 Micro-Bコネクタは、コネクタ小型化による強度確保の課題に対応し、同社独自の二重シールドケース構造を採用した。これにより、コジリ負荷に対する耐変形強度を改善し、高信頼性を可能にしている。

 二重シールドケース構造は、外側のシールドケースと内側のシールドケースとの間に凹凸構造を設けることで、前後左右方向のズレを防止する。また、実装足部を外側のシールドケースで形成することで、内側のシールドケースの切り欠きや穴形状を排除でき、プラグ挿入口内部へのフラックス上がりも防止できる。

 USB3.1 Micro-Bコネクタの定格電圧電流はAC30Vで、接触抵抗は電源ライン30mΩ以下/その他ライン50mΩ以下、使用温度範囲は−30〜80℃となる。サンプル価格は100円/個で、エンボステープ梱包で自動実装にも対応する。

Rel_150204_smk.jpg 新製品のイメージ

関連キーワード

USB | USB 3.1 | 通信 | 小型化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.