連載
» 2015年02月16日 09時00分 UPDATE

Q&Aで学ぶマイコン講座(11):マイコンとEEPROMを接続する方法を教えて (1/3)

マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。11回目は、上級者の方からよく質問される「マイコンとEEPROMを接続する方法」についてです。

[菅井賢(STマイクロエレクトロニクス),EDN Japan]
tt140519QAM_icon120_90.jpg

 素朴な疑問から技術トラブルなどマイコンユーザーのあらゆる悩みに対し、マイコンメーカーのエンジニアが回答していく連載「Q&Aで学ぶマイコン講座」。

 今回は、上級者から多く寄せられる質問です。


tt140407STNEWQQQ.jpg

 マイコンの外部メモリとしてEEPROMを接続しようと考えています。接続方法はいくつかあるようですが、どのような接続方法があるのか、教えてください。

tt140407STNEWAAA.jpg

 EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read Only Memory)のデータ・アクセス方式は、SPI (Serial Peripheral Interface)、I2C (Inter-Integrated Circuit)、マイクロワイヤ、1-Wireなどありますが、マイコンの周辺機能としてSPIとI2Cが搭載されている製品が多いので、この2種類がよく使われています。ここでは、STマイクロエレクトロニクスのEEPROMとSTM8Lシリーズのマイコンとの接続を例に挙げます。

 I2Cは、プルアップ抵抗の双方向NMOSオープンドレインの信号線が2本あるのみです。I2Cをバス規格として使用しているM24xxxシリーズの例を図1に示します。

tt150216STQA11_001.jpg 図1 マイコンとEEPROMの結線「I2Cを使った場合」 (クリックで拡大)

 SPIの信号線はSCK、MISO、MOSI、SSの4本で構成されます。図2にM95xxxシリーズの例を示します。端子の名前とSPIの信号名が異なりますので、信号線にSPIの信号名を記述しておきました。

tt150216STQA11_002.jpg 図2 マイコンとEEPROMの結線「SPIを使った場合」 (クリックで拡大)

 I2CもSPIも、基本的な通信制御はマイコンのハードウェアが行いますが、ソフトウェアも必要です。制御用ソフトウェアの詳細は、各マイコンのマニュアルに記載されていますので、マニュアルの説明に従ってください。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2018 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.