Special
» 2015年02月16日 00時00分 UPDATE

これだけは知っておきたいアナログ用語:Wi-Fi

[PR/EDN Japan]
PR

photo

Wi-Fi

 Wi-Fiとは、無線LAN(Wireless LAN)の業界団体である「Wi-Fi Alliance」によって無線LAN規格への準拠を認定された際に使用できるロゴのこと。ただし、現在日本で製品化されている無線LAN機器はそのほとんどがWi-Fiの認定を受けているため、「Wi-Fi=無線LAN」として使われている。Wi-Fiは、Wireless Fidelityの頭文字をとった造語で、日本語では「ワイファイ」と発音する。

 無線LANの標準規格は、IEEE 802.11委員会で策定されている。最初に策定された規格は「IEEE 802.11」である。1997年のことだ。この規格は、データ転送速度が2Mビット/秒と低く、相互接続性が十分でなかったため普及しなかった。その後、1999年に「IEEE 802.11b」が規格化される。データ転送速度が11Mビット/秒と高く、相互接続性も確保されていたため、広く普及した。その後、データ転送速度が高い標準規格が順次策定される。その結果、現在(2015年1月)では、パソコンやスマートフォン、タブレット端末、家庭用ゲーム機などをインターネットに接続する無線通信方式の主流となっている。

データ伝送速度はGビット/秒を超える

photo

 無線LANには複数の標準規格が存在する。以下で、それぞれを説明しよう。

 無線LAN普及の先駆者の役割を果たしたのが、前述のIEEE 802.11bである。2.4GHz帯の周波数帯域を使用する規格で、データ転送速度は11Mビット/秒である。変調方式には、DSSS(Direct Sequence Spectrum Spreading)/CCK(Complementary Code Keying)を採用した。

 「IEEE 802.11a」は、IEEE 802.11bとほぼ同時期の1999年10月に策定された規格である。使用する周波数帯域を5GHz帯に引き上げ、変調方式にOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)を採用したデータ転送速度が54Mビット/秒と高いことが最大の特長である。「IEEE 802.11g」は、2.4GHz帯を利用して、54Mビット/秒と高いデータ転送速度を実現した。2003年6月に規格が策定された。変調方式はOFDMである。

 「IEEE 802.11n」は、2.4GHz帯と5GHz帯の両方を利用し、最大で4本の空間ストリームを利用することでデータ転送速度を最大600Mビット/秒と大幅に引き上げた規格である。2009年9月に規格が策定された。変調方式はOFDMである。

 そして2013年1月には「IEEE 802.11ad」、2014年1月には「IEEE 802.11ac」が規格化された。いずれの規格も、特長はデータ転送速度が1Gビット/秒を大幅に超えることにある。無線通信技術もGビット/秒の時代に入ったことになる。

 IEEE 802.11adは最大6.8Gビット/秒、IEEE 802.11acは最大6.9Gビット/秒に達する。IEEE 802.11adは、57G〜66GHzと高い周波数帯域であるミリ波帯を利用することで高速化を図った。チャネル幅は最大で9GHzと極めて広い。一方、IEEE 802.11acは、利用する空間ストリームを最大8本に増やすとともに、チャネル幅を80M/160MHzに広げることなどで高速化した。周波数帯域は5GHz帯で、変調方式はOFDMである。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.