ニュース
» 2015年02月17日 09時00分 UPDATE

日本TI LMZ21700など:小型電源回路設計のためのSIMPLE SWITCHERナノ・モジュールを発表

日本テキサス・インスツルメンツは、小型電源回路設計のための「SIMPLE SWITCHERナノ・パワー・モジュール」4種を発表した。低EMIで、全動作範囲で効果的な電源管理を可能にした。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2015年2月、小型電源回路設計のための「SIMPLE SWITCHERナノ・パワー・モジュール」を発表した。ラインアップは、入力電圧17Vの「LMZ21700」「LMZ21701」と入力電圧5Vの「LMZ20501」「LMZ20502」の4種類で、産業、通信、企業用システム向けとなる。

 今回開発されたパワー・モジュールの基板実装面積は、最小30mm2で、ディスクリート製品と比べて40%低減した。部品点数が少ないため、設計の簡素化とシステムの信頼性向上に貢献できる。

Rel_150213_tij.jpg 新製品のイメージ

CISPR 22(Class B)放射/伝導電磁妨害規格に準拠

 低EMIで、CISPR 22(Class B)放射/伝導電磁妨害規格に準拠し、全動作範囲で効果的な電源管理を可能にした。出力リップルは10mVpp未満で、ノイズに敏感な電源レールに対応できる。パワーグッド・ピンを使用することで、複数電源レールのシーケンシングを容易にした。

 出力電流はLMZ21700が0.65A、LMZ21701/LMZ20501が1A、LMZ20502が2Aで、動作温度範囲はいずれも−40〜125℃。1000個受注時の参考価格は、LMZ21700が1.55米ドル、LMZ21701が1.75米ドル、LMZ20501/LMZ20502が1.90米ドルとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.