ニュース
» 2015年03月04日 10時25分 UPDATE

CSR CSRB5348:Bluetooth 4.1対応の工業用温度グレードSoC

CSRは、デュアルモード・システム・オン・チップ(SoC)BlueCore「CSRB5348」を発表した。Bluetooth Smartに準拠した多機能なプラットフォームで、BluetoothモジュールやIoT組み込みシステムなどの用途に向ける。

[EDN Japan]

 CSRは2015年2月、デュアルモード・システム・オン・チップ(SoC)BlueCoreプラットフォームを拡充し、「CSRB5348」を追加したと発表した。Bluetooth Smartに準拠した多機能なプラットフォームで、Bluetoothモジュールや組み込みシステムなどの用途に向ける。

多様な機能を1チップに集積

 CSRB5348は、組み込み型Bluetooth v4.1対応無線部の他、80MHz RISC MCU、40MHz DSP、USB充電器、多様なI/Oを含む、工業用温度グレードSoCとなる。マイクロコントローラ、チャージャー、多様なアナログ、電源管理などの多様な機能を1チップに集積したことで、部品点数やコスト、実装スペースを大幅に削減できる。

Rel_150225_csr.jpg 「CSRB5348 デバイスキット」

 さらに、システムレベルの電力消費を最小にするため、高効率ベースバンドを採用し、超低消費電力を可能にした。これにより、産業用・家庭用オートメーション、EPOS、データロガー、バーコード・リーダー、測定機器などに加え、キーボードなどの低消費電力機能を必要とする機器にも対応できる。

 設計の自由度も高く、柔軟な設定が可能な22のデジタルI/Oと22のアナログI/Oを備えた。また、リチウム電池用USB充電器、ROM、RAMを組み込む他、シリアルフラッシュメモリインタフェースによるメモリ拡張オプションもあり、医療用機器、スタイラス、産業オートメーション用ソリューションなどの開発においても、柔軟な設計環境を提供できるという。

 パッケージは6×6mmのVFBGAで、動作温度は−40〜+85℃。専用のソフトウェア開発キット(249米ドル〜)もあり、2015年3月に発売の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.