ニュース
» 2015年03月09日 16時25分 UPDATE

東芝 T4KA7:20MピクセルCMOSイメージセンサー、スマホやタブレット端末向けに量産

東芝セミコンダクター&ストレージ社は、光学サイズが1/2.4インチで20Mピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサー「T4KA7」の量産出荷を始めた。スマートフォンやタブレット端末などのカメラモジュール用途に向ける。

[EDN Japan]

 東芝セミコンダクター&ストレージ社は2015年3月、光学サイズが1/2.4インチで20Mピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサー「T4KA7」の量産出荷を始めた。スマートフォンやタブレット端末などのカメラモジュール用途に向ける。

 T4KA7は、画素ピッチが1.12μmで、1/2.4インチの光学サイズに20Mピクセルの画素数を集積した。現行モデル「T4KA3」などにも採用している高速化技術を用いている。これにより、フレームレートは20Mピクセルで22フレーム/秒を実現した。1080pのフルHDでは90フレーム/秒の高速動作が可能である。従来の「T4K46」と比べて1.8倍も高速となる。

tm_150309toshiba01.jpg 20Mピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサー「T4KA7」

 CMOSイメージセンサーチップを実装したモジュールの外形寸法としては、10.5×12.0×6.0mm程度に収めることができるという。これにより、高画素のイメージセンサーを搭載しても、モバイル機器の薄型化を実現することが可能となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.