ニュース
» 2015年03月16日 10時15分 UPDATE

東芝 T4KB3:スマートフォン/タブレット向けの小型13MピクセルCMOSイメージセンサー

東芝は、13Mピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサー「T4KB3」を製品化した。電源回路を省電力化したことで、13Mピクセルフル画素30fps動作で200mW以下を可能にした。

[EDN Japan]

 東芝は2015年3月、13Mピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサー「T4KB3」を製品化し、サンプル出荷を開始した。スマートフォン、タブレットPCなどの用途に向ける。

消費電力を約47%削減

 T4KB3は、電源回路を省電力化したことで、同社従来製品の「T4K82」に比べて消費電力を47%削減し、13Mピクセル 30フレーム/秒動作で200mW以下を実現した。

 新技術の「ブライトモード」は、通常モードと比べて最大4倍の明るい動画を撮影できる。また、フルハイビジョンで毎秒240フレーム相当の高速動画も撮影可能だ。

Rel_150306_Toshiba01.jpg 「T4KB3」のイメージ

 さらに、2シーン分のレンズシェーディング補正データを書き込みできる、8KビットのOTP(1回書き込み)メモリを搭載した。これにより、シーンに応じて1コマンドでレンズシェーディング補正データを切り替え、最適な設定で撮影できる。

 チップサイズは、従来の13Mピクセル(最大出力画素数)製品に比べて面積比で約24%縮小した。出力画素数は4208×3120画素で、光学フォーマットは1/3.07インチ、画素ピッチは1.12μmとなる。サンプル価格は1500円で、2015年4月より量産を開始する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.