ニュース
» 2015年03月17日 10時15分 UPDATE

ローデ・シュワルツ FSW-B2000:信号解析帯域を2GHzまで拡張可能、スペアナ用オプション

ローデ・シュワルツ・ジャパンの「R&S FSW-B2000」は、シグナルスペクトラムアナライザ「R&S FSW」向けのハードウェアオプションで、これを搭載することにより信号解析帯域幅を2GHzまで拡張することができる。

[EDN Japan]

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2015年3月、シグナルスペクトラムアナライザ「R&S FSW」向けのオプションとして、信号解析帯域幅を2GHzまで拡張することができる「R&S FSW-B2000」を発売した。IEEE 802.11adや5Gと呼ばれる次世代移動通信、レーダーチャープ信号などの波形解析用途に向ける。

 このオプションが搭載できるスペクトラムアナライザは、ハイエンド製品のR&S FSW43/50/67で、対応する最大周波数はそれぞれ43.5GHz、50GHz、67GHzとなっている。2GHzの広帯域信号を解析する場合には、R&S FSWで中間周波数(IF)へダウンコンバートする。その信号をRFケーブルを使ってオシロスコープ「R&S RTO」に伝送し、デジタイズ処理する。デジタル処理された信号は、LAN経由で再びR&S FSWに戻され、イコライズやサンプリングレートなどを調整して解析を行うことになる。

tm_150317rohde01.jpg オプションの「R&S FSW-B2000」を搭載したシグナルスペクトラムアナライザ「R&S FSW」(左)と、RFケーブルで接続されたオシロスコープ「R&S RTO」の外観

 測定者は、R&S FSWのディスプレイ画面上から、測定のための操作やセットアップを行うことができる。もちろん、R&S FSWが備えているベクトル信号解析(VSA)やパルス、トランジェント解析などの機能を利用することができる。FSW-B2000の価格(税別)は、175万6000円より。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.