ニュース
» 2015年03月30日 09時40分 UPDATE

SMK 静電容量方式ガラス/ガラス(G1G)タッチパネル:ITO電極を上下2枚のガラスで構成した静電容量方式タッチパネル

SMKは、ITO電極を上下2枚のガラスで構成した静電容量方式ガラス/ガラス(G1G)タッチパネルを開発し、受注を開始した。ガラスを貼り合わせる構成を採用し、感度を高めた。

[EDN Japan]

 SMKは3月、ITO(Indium Tin Oxide:酸化インジウム スズ)電極を上下2枚のガラスで構成した「静電容量方式ガラス/ガラス(G1G)タッチパネル」を開発し、受注を開始した。

 同製品は、ガラスを貼り合わせる構成を採用し、センサー間に距離を持たせることで感度を高めた。また、センサーガラスの厚みを変えることで、製品の厚みにバリエーションを持たせることもできる。さらに、ブリッジもないため、タッチパネルの見栄えも向上するという。

Rel_150321_smk.jpg 新製品のイメージ

静電容量方式タッチパネルのレパートリーを拡充

 同社は既に、ガラス1枚のG2、OGS(One Glass Solution)、フィルム2枚のフィルム/フィルム(F1F)タッチパネルの量産に対応。これにガラス/ガラス(G1G)タッチパネルを加えることで、静電容量方式タッチパネルのレパートリーを拡充した。

 カスタム仕様のみの対応のため、価格は仕様により異なる。主な用途は、カーナビゲーション、車載用センターコンソールなどを想定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.