ニュース
» 2015年03月31日 09時30分 UPDATE

マイクレル MIC4520/MIC4521:1.2MHz、効率90%超の20A対応パワーステージ

マイクレル・セミコンダクタ・ジャパンは、IntelliMOSパワーステージ製品ファミリー「MIC4520/MIC4521」を発売すると発表した。7〜16Vの入力電圧範囲で動作する。

[EDN Japan]

 マイクレル・セミコンダクタ・ジャパンは2015年3月、4×6mmの小型TQFNパッケージに最大20Aを供給するIntelliMOSパワーステージ製品ファミリー「MIC4520」「MIC4521」を発売すると発表した。

 MIC4521は、MOSFETドライバーとパワーMOSFETを含む2相パワーステージで、電流・温度統合検出機能を備えた。MIC4520は単相のパワーステージで、単相/多相のコントローラーとともに操作できる。同社の単相コントローラー「MIC2111」などと接続し、大電流・高性能のパワーコンバータを構築できる。

 これらのパワーステージは、ネットワーキング、サーバ、ストレージ、ベースステーション(基地局)、グラフィックスカードなどの最終製品市場を対象とする広範囲のpoint of load(POL)アプリケーションに利用できる。

Rel_150321_micrel.jpg MIC4520/MIC4521のイメージ

高レベルのインテリジェンスとテレメトリー機能を提供

 またMIC4520/MIC4521は、FETZilla DMOSテクノロジーを採用したことで、90%ピーク以上の高効率を可能にした。IntelliMOSパワーMOSFETは、低ゲート容量に最適化され、スイッチング損失が最小限になるよう高速なスイッチング性能(最高1.2MHz)を備えるとともに、低いオン抵抗により、ジュール熱損失の削減を図った。

 MIC4521は、DrMOSパワーステージに比べ、高レベルのインテリジェンスとテレメトリー機能を提供する。電流・温度統合検出能力により、システム信頼性を強化し、それぞれのパワーコンバータの状況を正確に測定・モニターすることが可能になった。さらに、MIC4520/MIC4521は、同社独自の双方向の障害通信プロトコルを活用し、システムが故障しないように保護機能を構築できる。

 入力電圧範囲は、いずれも7〜16Vとなる。デバイスは、連続/不連続モードでの動作向けに調整でき、軽負荷効率を高めるためダイオードエミュレーションモードをサポートする。接合部動作温度範囲は、−40〜+125℃までとなっている。

 単価は、1000個単位でそれぞれ2.34米ドル/2.57米ドルから。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.