ニュース
» 2015年04月02日 09時45分 UPDATE

SMK WL-2:各種IoTプロトコル対応のネットワークスタック内蔵無線LANモジュール

SMKは、ネットワークスタック内蔵無線LANモジュール「WL-2」を開発した。無線LANドライバ部およびネットワーク処理をモジュール側で行うことで、さまざまなIoTプロトコルに接続できる。

[EDN Japan]

 SMKは2015年3月、IEEE802.11b/g/n対応TCP/IPスタックを内蔵した、無線コンプリートモジュール「WL-2」を開発したと発表した。受注は同年5月下旬から、量産は2016年1月からの予定。

TCP/IPスタックを内蔵

 WL-2は、TCP/IPスタックを内蔵した無線LANモジュール。無線LANドライバ部およびネットワーク処理をモジュール側で行うことで、さまざまなIoTプロトコルに接続できる。

Rel_150326_SMK.jpg 無線コンプリートモジュール「WL-2」

 外形サイズはW20×D23×H3mmで、外部接続は表面実装タイプとなる。周波数帯域は2.4GHz、外部I/FはUART/SDIOで、アンテナにはパターンアンテナを採用した。主な用途は、スキャナー、プリンタ、POS、その他産業機器に加え、エアコン、照明、その他家電などのネットワークコントロールなど。

 なお同社では今後、日本、米国(FCC)、EU加盟国(CE)などの各種電波法の認証を取得する予定だとしている。

関連キーワード

無線 | IoT | ネットワーク | 無線LAN | プロトコル | TCP/IP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.