ニュース
» 2015年04月02日 11時30分 UPDATE

東芝 THGBMHG7C2LBAIL/THGBMHG8C4LBAIRなど:eMMC 5.1準拠の組み込みNANDメモリ――15nmプロセス採用で最大128GB容量

東芝は、eMMC Version 5.1に準拠した組み込み式NAND型フラッシュメモリを発表した。オプショナル機能として規定されたコマンドキューイング機能とセキュアライトプロテクション機能に対応している。

[EDN Japan]

 東芝 セミコンダクター&ストレージ社は2015年3月、JEDEC eMMC Version 5.1に準拠した組み込み式NAND型フラッシュメモリを発表した。スマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末向けで、ラインアップは16Gバイトの「THGBMHG7C2LBAIL」、32Gバイトの「THGBMHG8C4LBAIR」、64Gバイトの「THGBMHG9C8LBAIG」、128Gバイトの「THGBMHT0C8LBAIG」の4種となる。

 今回発表された新製品は、15nmプロセスを用いたNAND型フラッシュメモリチップとコントローラチップを一体化した制御機能付きの組み込み式フラッシュメモリとなる。eMMC Version 5.1でオプショナル機能として規定された、コマンドキューイング機能とセキュアライトプロテクション機能に対応した。

Rel_150327_TOSHIBA001.jpg 新製品のイメージ

読み出し速度を最大約30%向上

 コマンドキューイング機能を導入したことで、従来製品に比べてランダム読み出し速度が最大約30%向上。これにより、スマートフォンやタブレットなどで、複数のアプリケーションを同時に実行する際の使い勝手が改善できるという。

 また、従来のライトプロテクト機能を拡充したセキュアライトプロテクション機能により、情報保護機能を強化。ユーザーが指定したエリアに記録した情報を他人から上書き/消去されるのを防ぐことができる。

 他に、eMMC Version 5.1で新たに規定されたBKOPS制御、キャッシュバリア、キャッシュフラッシングレポート、ラージRPMBライトなどの機能にも対応している。大容量データの記録も可能で、128GバイトモデルではHD画質動画で約16.3時間、SD画質動画で約39.7時間、ワンセグで約668時間を記録できる。

 16Gバイト、64Gバイトモデルはサンプル出荷を開始し、今後32Gバイト/128Gバイトモデルも順次サンプル出荷をする予定。全製品とも、量産開始は2015年4〜6月になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.