Special
» 2015年04月08日 00時00分 UPDATE

これだけは知っておきたいアナログ用語:VID

[PR/EDN Japan]
PR

photo

VID

 VIDは、マイクロプロセッサやDSP、ASIC、ASSP、FPGAなどのデジタルLSIの演算コア部に最適な電源電圧を供給する仕組みのこと。「Voltage Identification」の頭文字を取った言葉である。

 多くの場合、デジタルLSIの演算コア部に供給する電源電圧は、+1.2Vや+1.5V、+1.8V、+3.3Vといった固定電圧である。こうした電圧を常時供給していても、デジタルLSIの動作に支障が生じることはない。しかし、電力を無駄に消費してしまうというデメリットが発生する。デジタルLSIを搭載する機器が携帯型(モバイル)であれば、電池駆動時間が大幅に短くなってしまう。致命的な問題となる。

 なぜ、無駄な電力を消費してしまうのか。それは、デジタルLSIが常にフル稼働の状態にあるわけではないことに起因する。搭載機器(アプリケーション)の動作状態によって、必要な処理性能は変化するからだ。従って、高い処理性能が必要な場合は、高い電源電圧を供給し、低い処理性能で構わなければ低い電源電圧を供給すればよい。こうした柔軟な電源電圧の供給を可能になるのがVIDだ。VIDを活用すれば、デジタルLSIの消費電力を削減でき、搭載機器の電池駆動時間を延ばすことが可能になる。

VID電圧プログラマも登場

 VIDの仕組みを利用するには、デジタルLSIとDC/DCコンバータ(電圧レギュレータ)が不可欠だ。これらの間を、複数のデジタル信号ライン(VIDライン)で接続する。そしてデジタルLSIから必要とする電源電圧値の情報(VIDコード)をDC/DCコンバータに送る。するとDC/DCコンバータは指定された電源電圧をデジタルLSIに供給する。

 VIDに対応するには、DC/DCコンバータにVIDコードを受け取る端子が必要だ。ただし端子がない場合でも、VID電圧プログラマICを使えば対応できる。これは、デジタルLSIから送られてきたVIDコードを受け取り、それに応じた電流値を出力するものだ。この出力電流をDC/DCコンバータのフィードバック(FB)端子に入力することで、VIDの仕組みを実現できる(図1)。

photo 図1 VID電圧プログラマICを活用 TIの「LM10011」を使えば、DC/DCコンバータがVID対応端子を備えていなくても、VIDコードに対応できる。

 VID電圧プログラマICは、さまざまアナログ半導体メーカーから製品化されている。例えば、テキサス・インスツルメンツ(TI)は、6ビットのVIDコードに対応した『LM10010』、6ビットと4ビットのVIDコードに対応した『LM10011』を製品化している。

【関連リンク】


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2016年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.