ニュース
» 2015年04月14日 16時10分 UPDATE

キーサイト N8834A:最大40chの波形捕捉が可能に、オシロで複数レーンを同時に測定

キーサイト・テクノロジーの「N8834A」は、Infiniiumリアルタイムオシロスコープを複数台接続して、最大40チャネルまで拡張できるマルチスコープアプリケーションである。

[EDN Japan]

 キーサイト・テクノロジーは201年4月、Infiniiumリアルタイムオシロスコープを複数台接続して、最大40チャネルまで拡張することができるマルチスコープアプリケーション「N8834A」を発売した。光通信システムやMIMOアンテナ、DDRメモリ、あるいはパワーインテグリティなどにおける信号測定用途に向ける

 N8834Aを用いると、Infiniium解析ソフトウェア「N8900A」が組み込まれた制御用PCと、最大10台のInfiniiumリアルタイムオシロスコープを、LANまたはUSBケーブルで接続し、時間的に同期の取れた、最大40チャネル分の波形を1度に捕捉/表示することが可能となる。さらに、設定ファイルと波形ファイルを保存すれば、制御用PCに組み込まれたN8900Aを用いてオフラインでの解析が可能である。

tm_150414keysight01.jpg 「N8834A」を用いると、同期の取れた最大40チャネル分の波形信号を捕捉/表示することが可能となる

 接続されたオシロスコープ間の同期は、ケーブルとスプリッタを用いてトリガ信号とリファレンスクロックを共有することで実現した。もちろん、各オシロスコープを同期させる必要のない用途では、通常の4チャネルオシロスコープとして、個別に利用することも可能である。

 さらに、N8834Aは自動スキュー校正機能を備えており。オシロスコープ間のスキューを含めた時間相関校正が可能である。例えば、90000 QシリーズとZシリーズ間で校正を行うと、オシロスコープ間の残留ジッタは、150fsと極めて小さい。

 N8834Aの販売価格(税別)は、接続するオシロスコープの台数によって異なる。2台のオシロスコープを接続できるライセンス料は27万6413円である。10台まで接続可能なライセンス料は147万4200円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.