ニュース
» 2015年04月15日 14時30分 UPDATE

ラピスセミコンダクタ MK71050-03:Bluetooth Smart認証取得済み2.4GHz無線モジュール

ラピスセミコンダクタは、スポーツ・フィットネス機器、ヘルスケア機器など向けに、Bluetooth Smart対応の2.4GHz無線モジュール「MK71050-03」を開発した。送受信時消費電流9mA以下の低消費電力モジュールとなる。

[EDN Japan]

 ラピスセミコンダクタは2015年4月、Bluetooth Smart対応の2.4GHz無線モジュール「MK71050-03」を開発したと発表した。スポーツ・フィットネス機器、ヘルスケア機器、リモートコントローラなどに向ける。

送受信時消費電流9mA以下の低消費電力

 MK71050-03は、スマートウオッチなどに採用されたBluetooth Smart対応の無線通信LSI「ML7105」に、ソフト格納用のEEPROM、システムクロック用の水晶発振器、パターンアンテナを付加した小型モジュール。低消費電力RF回路を実現したML7105を搭載することで、送受信時消費電流9mA以下の低消費電力を可能にした。

Rel_150411_lapissemi03.jpg MK71050-03のイメージ

 さらに、仏Insight SiPと共同で開発したパターンアンテナを内蔵。各種回路調整を必要としないため、無線通信に不慣れな人でも容易に製品を無線化できる。

 日本、北米、欧州など主要地域の無線認証の他、Bluetooth SIG認証も取得している。USB評価キットに対応したスマートフォンアプリにより、スマートホフォンで簡単にBluetooth Smartの通信テストもできるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.