連載
» 2015年04月16日 10時00分 UPDATE

Q&Aで学ぶマイコン講座(13):マイコンの選び方 (1/4)

マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級者の方からよく質問される「マイコンの選び方」についてです。

[菅井賢(STマイクロエレクトロニクス),EDN Japan]
tt140519QAM_icon120_90.jpg

過去の質問一覧はこちら

 素朴な疑問から技術トラブルなどマイコンユーザーのあらゆる悩みに対し、マイコンメーカーのエンジニアが回答していく連載「Q&Aで学ぶマイコン講座」。

 今回は、初級者から多く寄せられる質問です。


tt140407STNEWQQQ.jpg

 マイコンを使おうと考えていますが、何を基準に、どんなマイコンを選べばいいのでしょうか?カタログやマニュアルではどの項目をチェックすれば良いでしょうか?

tt140407STNEWAAA.jpg

 マイコンを選ぶ場合には仕様(スペック)をチェックしなければなりません。図1にSTマイクロエレクトロニクスのSTM32F103のデータシートの表紙に記載されている仕様を示します。

tt20150416STQA001.jpg 図1 マイコンの仕様例(STM32F103の場合) (クリックで拡大)

【1】CPUの処理能力
 演算速度が何MHzか?、演算桁数が何ビットか?など

【2】メモリの大きさと種類
 ROMのサイズと種類(Mask、Flash、EEPROM、EPROMなど)、RAMのサイズなど

【3】電気的特性
 動作電圧と消費電流

【4】内蔵されている周辺機能
 タイマ(汎用、時計用、PWM出力など)、通信機能(USART、SPI、I2C、USBなど)、特殊機能(LAN、暗号化機構、LCD制御・駆動、カメラ用インタフェースなど)、アナログ回路(A-Dコンバータ、D-Aコンバータなど)など

【5】形態
 パッケージのタイプ(QFP、BGA、QFNなど)、ピン数(20ピン、32ピン、64ピン、100ピンなど)

【6】価格

 最も大切なのは【1】で、どのくらいの演算能力が必要なのかを明確にすることです。【1】が決まるとマイコンの製品シリーズが絞られ、そのシリーズの中で【2】【6】を選択することになります。【2】はプログラムとデータ量、【3】は電源に依存します。【4】は製品の用途、【5】は製品の形態によって決まります。【6】は開発しようとしている製品のコストから総合的に判断されます。マイコンの価格は【1】【5】の内容で大きく変わりますので、最適な仕様で最適な価格を見極める必要があります。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.