ニュース
» 2015年04月21日 16時00分 UPDATE

ルネサス RX113グループ:手袋、水ぬれなど利用シーンを試せるタッチキー検出マイコン開発キット

ルネサス エレクトロニクスは、タッチキー検出マイコン「RX113グループ」用の開発キットを2015年5月に発売する。静電容量式タッチキー開発で時間を要したタッチ感度と相反するノイズ耐性の最適化を、自動調整するツールなどが同梱される。

[竹本達哉,EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2015年4月21日、タッチキー検出マイコン「RX113グループ」用の開発キットを同年5月下旬に発売すると発表した。静電容量式タッチキー開発で時間を要したタッチ感度と相反するノイズ耐性の最適化を、自動調整するツールなどが同梱される。

自己容量と相互容量に対応する高感度IP

 ルネサスは2014年12月に、高感度を特長とする静電容量式タッチキーIPを搭載した32ビットマイコン RX113グループを発売している。同IPは、指とタッチキーの間隔が10mm程度離れていても検知可能な高い感度と、自己容量方式と相互容量方式という2つの静電容量検知方式に対応し、指と水を見分ける機能などを実現したルネサス独自のIPだ*)。厚いガラストップを用い、水ぬれすることも多いIHクッキングヒーターなど白モノ家電や、手袋をしたまま操作する必要がある産業機器などのタッチキーユーザーインタフェース向けに同IPを搭載するRX113グループを展開してきた。

*)関連記事:ルネサスが「業界最高クラスの感度」と水対策機能を備えたタッチキーIPを開発

さまざまな利用シーンを想定した4種類のボード

 同年5月に発売するRX113グループ用開発キットは、パネル素材、耐水性、(キーに直接触れない)近接検知、位置検出といった環境を簡単に再現するため、4種類のタッチキー評価ボードで構成される。4種類のタッチキー評価ボードの詳細は次の通り。

  1. タッチキーの基本動作である、キー、スライダ、ホイール評価ボード
    • アクリルやガラス素材、木材やプラスティック、布などでカバーされる用途向け
  2. 近接センシング(キーに直接触れない用途)評価ボード
    • 衛生上の課題があるもの、厚手のゴム手袋やミトンなどを使用する用途向け
  3. 耐水性評価ボード
    • ウェアラブル機器やIHクッキングヒーターなど、汗や水が付着した状態で使用される用途。防じん防水加工が予定されるもの向け
  4. パッド評価ボード
    • PCのマウスパッドのように位置や方向を認識する用途向け
tt150421RENESAS001.jpg タッチキー検出マイコン「RX113グループ」用開発キット (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 同開発キットには評価ボードとともに、自動調整ツール「Workbench6」が同梱される。同ツールは、タッチ感度と相反する、ノイズ耐性の最適化をGUI操作だけで自動調整できるツール。自己容量方式と相互容量方式の双方が混在するパターンに対応し、タッチキー調整の結果はルネサス製「CS+」や「e2 studio」といった統合開発環境にプロジェクトのソースファイルで出力できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.