ニュース
» 2015年04月27日 09時00分 UPDATE

日本電波工業 NT2520SB:動作温度を105℃まで拡大、2.5×2.0mmサイズの車載用TCXO

日本電波工業の「NT2520SB」は、動作温度範囲が−40〜105℃と広く、外形寸法が2.5×2.0mmと小さい温度補償水晶発振器(TCXO)である。車載GPSや車載通信システムの周波数発振源の用途に向ける。

[EDN Japan]

 日本電波工業は2015年4月、動作温度範囲が−40〜105℃と広く、外形寸法が2.5×2.0mmと小さい温度補償水晶発振器(TCXO)「NT2520SB」を開発したと発表した。2015年5月よりサンプル出荷を始める。車載GPSや車載通信システムの周波数発振源の用途に向ける。

 NT2520SBは、温度補償回路の見直しを行うとともに独自技術を駆使することで、小型パッケージ品で、温度特性は±0.5×10-6の精度を維持しつつ、温度範囲の上限を105℃まで拡大した。従来品は85℃であった。もちろん、車載用電子部品の信頼性試験規格である「AEC-Q200」に準拠している。公称周波数範囲は13〜52MHzである。

tm_150422ndk01.jpg NT2520SBの外観

 車載用ナビゲーションシステムやテレマティクスの機能が高度化し、GPS情報と渋滞情報/店舗情報、あるいはエアバック情報などとの連動により、利便性や快適性がますます向上している。また、路車間通信や車車間通信などネットワーク技術を活用した先進運転支援システム(ADAS)の実用化に向けた研究も進んでいる。

 NT2520SBは、こうした車載システムの進歩に合わせて開発したもので、小型・高精度に対応しつつ、これまでより厳しい温度環境での使用を可能とする。量産開始は2015年10月を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.