ニュース
» 2015年04月30日 09時30分 UPDATE

富士通コンポーネント MBH7BLZ01A/MBH7BLZ02A:セントラル対応のBluetooth Smartモジュール

富士通コンポーネントは、独自ファームウェアを内蔵したセントラル(マスター)対応のBluetooth Smartモジュールを開発した。コマンドによる切り替えで、ペリフェラルとしても使用できる。

[EDN Japan]

 富士通コンポーネントは2015年4月、独自のファームウェアを内蔵したセントラル(マスター)対応のBluetooth Smartモジュール「MBH7BLZ01A」「MBH7BLZ02A」を開発したと発表した。RSSIを利用した位置検出アプリケーションや、利便性向上を目的とした赤外線通信機器のBluetooth Smartへの置き換えなどに対応する。

データ送受信プロファイル内蔵

 MBH7BLZ01A/MBH7BLZ02Aは、同社が独自に開発したデータ送受信プロファイルを内蔵。シンプルなコマンド(UART経由)で、同社のペリフェラルモジュールと送受信ができる。ユーザーの機器をセントラル端末として使用できる他、コマンドによる切り替えでペリフェラルとしても使用できる。

 搭載チップには、Nordic Semiconductorの「nRF51822」(RAM 32KB版)を採用した。工事設計認証、FCC、IC、CE認証を取得しているが、今後、Bluetooth SIG登録も予定している。送信出力レベルは最大+4dBmで、受信感度は標準−88dBm。MBH7BLZ02Aはアンテナを内蔵した。

Rel_150417_fujitsucomponent.jpg 上はアンテナ付きタイプ、下はアンテナなしタイプ

 発売は2015年4月末の予定で、価格はオープン。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.