ニュース
» 2015年05月07日 09時45分 UPDATE

ザインエレ THL3512/THL3514:長距離高速伝送が可能、LVDSインタフェース搭載のLEDドライバ

ザインエレクトロニクスは、LVDSインタフェースを搭載したLEDドライバ「THL3512」「THL3514」を発表した。LVDSシリアルインタフェースを用いた制御により、高速・長距離伝送と高ノイズ耐性を可能にした。

[EDN Japan]

 ザインエレクトロニクスは2015年4月、LVDSインタフェースを搭載したLEDドライバ「THL3512」「THL3514」の量産出荷を開始した。アミューズメント機器、LEDバックライト、LEDディスプレイ、LED電飾、LED広告照明、デジタルサイネージなどのフルカラーLEDを持つ機器などに向ける。

 THL3512/THL3514は、クロックとデータの2ペアからなるLVDSシリアルインタフェースを用いた制御により、高速性能と高ノイズ耐性の両立を可能にした。これにより、静電気などノイズが多い環境でも、誤動作/誤点灯を抑えながら、長距離伝送ができる。

LEDの輝度設定は256段階

Rel_150424_thine.jpg 「THL3512」

 LEDドライバ部の出力は、THL3512が24チャンネルのオープンドレイン出力、THL3514が24チャンネルの定電流出力で、定電流値は外付けの抵抗により、3系統の設定を可能にした。また、発振器とPWM回路を内蔵し、レジスタ書き込みによりLEDの輝度をチャンネルごとに256段階で設定できる。

 LVDSは、カスケード接続とマルチドロップ接続の両方に対応し、LEDドライバの配置や接続の自由度が高い。通信プロトコルはシンプルな片方向通信で、CPUへの負荷が小さく、制御しやすい構造を採用した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.