ニュース
» 2015年05月07日 11時30分 UPDATE

アバールデータ ABA-003IR:950〜1700nmに感度を持つInGaAsセンサー近赤外線カメラ

「ABA-003IR」を開発した。インタフェースは、用途に合わせてGigEとCamera Linkから選択できる。

[EDN Japan]

 アバールデータは2015年4月、ブルービジョンと共同で、950〜1700nmに感度を持つInGaAs(インジウム・ガリウム・ヒ素)センサーを使用した近赤外線カメラ「ABA-003IR」を発売した。

 ABA-003IRは、640×512画素のVGA解像度、画素サイズ20×20μm、950〜1700nmに感度を持つInGaAsセンサーを使用した短波長赤外SWIRカメラ。露光制御は1μs〜10msまで1μs単位で設定可能で、外部トリガ信号で任意に制御できる。

8/10/12/14ビットの映像出力

Rel_150424_avaldata01.jpg InGaAsセンサー近赤外線カメラ

 映像出力は、8/10/12/14ビット出力から切り替えが可能。さらに、画素欠陥補正機能の他、シェーディング補正機能、γ補正/反転/2値化/プログラマブルから選択できるルックアップテーブル機能も搭載した。

 入力電圧範囲はDC+12V±1Vで、消費電力は7W。インタフェースは、用途に合わせてGigEとCamera Linkから選択できる。

Rel_150424_avaldata02.jpg 感度特性

 近赤外線は、非破壊・非接触での測定や検査が可能で、物質への吸収が小さく、安全性も高い。そのため同社では、半導体・液晶検査の他、農産物食品検査、生体科学など、新たな分野での展開も図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.