ニュース
» 2015年05月26日 12時00分 UPDATE

OKI 920MHz帯無線通信モジュール コーディネータタイプ:IoT市場向け組み込み用無線通信モジュールにコーディネータタイプを追加

OKIは、IoT市場向けに、組み込み用「920MHz帯無線通信モジュール」のラインアップを拡充し、コーディネータタイプを発売した。マルチホップ無線ネットワークを上位のデータ収集装置やクラウドに接続するために集約する無線親機機能を搭載した。

[EDN Japan]

 OKIは2015年5月13日、IoT市場向けに、組み込み用「920MHz帯無線通信モジュール」のラインアップを拡充し、コーディネータタイプを発売した。IoT市場のセンサー端末や各種計測器に対応したデータ収集装置、監視制御装置、WANゲートウェイなどの機器ベンダーに向ける。

無線親機機能を搭載

 今回発売されたコーディネータタイプは、マルチホップ無線ネットワークを上位のデータ収集装置やクラウドに接続するために集約する無線親機機能を搭載。現行のマルチホップ中継機能を持つルータタイプと同様、920MHz帯マルチホップ無線通信に必要な無線送受信、ネットワーク通信プロトコル、認証、暗号化などの通信機能も採用している。

Rel_150515_oki.jpg 920MHz帯無線通信モジュール コーディネータタイプ

 さらに、機器ベンダーの3Gゲートウェイやデータ収集装置などのマザーボードとも汎用的なインタフェースで通信するアプリケーションを標準で搭載した。これにより、機器ベンダーはソフトウェアを開発する必要がなく、導入期間とコストを削減できる。

 コーディネータタイプの設定変更や電波伝搬測定ができる保守コンソールを無償で提供するため、開発コストやシステム構築・運用を含めたトータルコストも低減できる。標準価格は100台ロット時6000円で、2015年7月初旬に出荷を開始する予定。

関連キーワード

無線 | IoT | ベンダー | 通信モジュール


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.