ニュース
» 2015年06月09日 09時00分 UPDATE

IDT 5P49V5933/5P49V5935:水晶振動子を一体化したプログラマブルクロックジェネレータ

IDTは、電子システムのタイミング向けに、水晶振動子を内蔵したVersaClock 5プログラマブルクロックジェネレータの新製品「5P49V5933」「5P49V5935」を発表した。水晶振動子を一体化したことで、基板面積やBOMコスト、設計時間を削減した。

[EDN Japan]

 IDTは2015年5月25日、電子システムのタイミング向けに、水晶振動子を内蔵したVersaClock 5プログラマブルクロックジェネレータの新製品「5P49V5933」「5P49V5935」を発表した。

 5P49V5933/5P49V5935は、水晶振動子を一体化したことで、基板面積やBOM(部品表)コスト、設計時間を削減できる。また、周波数の源振を統合したことで、外部の水晶振動子を設計に組み込む必要がなくなり、周波数の調整を不要にした。

 さらに、LVDS、LVPECL、HCSL、デュアルLVCMOSに個別に設定可能なユニバーサル出力ペアを装備。これにより、低コスト・低電力消費の用途や低ジッタの通信用途に対応できる。

RMS位相ジッタ性能700フェムト秒

 出力周波数は、5P49V5933が最大2つ、5P49V5935が最大4つ生成可能。700フェムト秒のRMS位相ジッタ性能により、1G/10Gイーサネット、PCI Express Gen 1/2/3をはじめ、その他の高性能インターコネクトの要件や、SoC、FPGAのクロック生成要件を満たすことができる。コア部の消費電流は30mAで、パッケージサイズは4×4mmとなっている。

Rel_150601_idt.jpg 新製品のイメージ

関連キーワード

水晶振動子 | IDT | 周波数 | 新製品 | 設計


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.