メディア
ニュース
» 2015年06月16日 15時00分 UPDATE

テクシオ・テクノロジー PSW-Y1シリーズ:直流安定化電源にロギング機能追加、長時間の出力監視が可能に

テクシオ・テクノロジーの「PSW-Y1」シリーズは、現行モデルにロギング機能を追加搭載したワイドレンジスイッチング直流安定化電源である。エージングなど長時間の出力監視が必要な試験装置などの用途に向ける。

[EDN Japan]

 テクシオ・テクノロジーは2015年6月、現行モデルにロギング機能を追加搭載したワイドレンジスイッチング直流安定化電源「PSW-Y1」シリーズを発売した。エージングなど長時間の出力監視が必要な試験装置などの用途に向ける。

 PSW-Y1シリーズは、現行製品であるPSWシリーズにロギング機能を搭載したモデルである。出力電圧、出力電流、ステータス情報を最速0.1秒間隔で取得し、内部のバッファメモリに最大8000データを保存することができる。また、冷却ファンを最大2分間停止させることができるFAN On/Off機能を搭載した。ファンの音が測定データに影響を及ぼすような用途に適している。出力電圧/電流設定時に可変できる桁を限定する機能も搭載した。

tm_150616texio01.jpg PSW-Y1シリーズ(160V、1080Wタイプ)の外観

 PSW-Y1シリーズは、全15モデルを用意している。電源本体の出力容量で360W、720W、1080Wの3タイプ、そして最大電圧が30V、80V、160V、250V、800Vの5タイプとなっている。電力効率は800V系で80%となっている。ラック対応サイズは、360Wタイプが1/6ラック、720Wタイプが1/3ラック、1080Wタイプが1/2ラックである。入力電圧は100〜240Vに対応している。

tm_150616texio02.jpg PSW-Y1シリーズの製品一覧と価格 (クリックで拡大) 出典:テクシオ・テクノロジー

 この他、USBやLANポートを標準で装備、2台までの直列接続(250V/800V系を除く)や最大3台の並列接続が可能、過電圧や過電流、過熱などに対する保護機能搭載、などの特長を備えている。

関連キーワード

電源 | 検査機器 | 試験 | 冷却 | 電力効率


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.