ニュース
» 2015年07月06日 09時00分 UPDATE

IDT 9FGL06/9FGL08:PCIe Gen4仕様を想定した3.3V PCIeクロックジェネレータ

IDTは、クロックジェネレータの低電力PCI Express(PCIe)に、6出力と8出力の3.3 Vクロックジェネレータ「9FGL06」「9FGL08」を追加した。従来のPCIeクロックデバイスの約1/5の電力となる約100mWで動作する。

[EDN Japan]

 IDTは2015年6月、クロックジェネレータの低電力PCI Express(PCIe)に、6出力と8出力の3.3Vクロックジェネレータ「9FGL06」「9FGL08」を追加したと発表した。従来のPCIeクロックデバイスの約1/5の電力となる約100mWで動作し、PCIe Gen 1/Gen 2/Gen 3に準拠した。

3ps rms未満の位相ジッターに対応

 9FGL06/9FGL08は、出力ごとの出力インピーダンス構成により、外部終端コンポーネントがなくても、1つの部品をさまざまなインピーダンス環境で使用できる。SoC対応デバイスは、次世代のPCIe Gen4仕様を想定。PCIe Gen3仕様の位相ジッター要件を上回るため、3ps rms未満(12k〜20M)の位相ジッターを必要とするアプリケーションにも対応するという。

 さらに、同社のPCIeクロックジェネレータ「1.5V 9FGUシリーズ」「1.8V 9FGVシリーズ」とはピン互換が可能。パッケージは5×5mmおよび6×6mmと小型で、また統合された終端抵抗により、基板面積を最大で90%削減できる。

 9FGL0/9FGL08は既に出荷を開始しており、同社では今後、2出力の「9FGL02」、4出力の「9FGL04」を2015年第3四半期に出荷する予定だ。

Rel_150629_IDT.jpg 新製品のイメージ

関連キーワード

IDT | 電力 | PCI Express | ニュースリリース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.