ニュース
» 2015年07月09日 09時00分 UPDATE

日本TI PGA900:24ビット分解能で計測する抵抗型圧力センサー・シグナル・コンディショナ

日本TIは、24ビット分解能で圧力、張力、流量、液面レベルなどを計測する、抵抗型圧力センサー・シグナル・コンディショナ「PGA900」を発表した。24ビットA-Dコンバータを2個統合し、高性能の信号収集機能を備えた。

[EDN Japan]

 日本TIは2015年6月、24ビット分解能で圧力、張力、流量、液面レベルなどを高速かつ精密に計測する、抵抗型圧力センサー・シグナル・コンディショナ「PGA900」を発表した。プログラマブル・コアを統合し、さまざまな抵抗ブリッジ計測アプリケーションに対し、柔軟な直線補正や温度補償機能を提供するという。

最大10ppm/℃の低ドリフト電圧リファレンス

 PGA900は、24ビットA-Dコンバータと14ビットD-Aコンバータ、プログラム可能なコア、電源管理、複数の出力インタフェースをワンチップに集積している。24ビットA-Dコンバータを2個統合したことで、高性能の信号収集機能を備えた。また、最大で10ppm/℃の低ドリフト電圧リファレンスを内蔵し、−40〜150℃の動作温度範囲で高精度の信号補正が可能。電源電圧範囲は3.3〜30Vで、電源管理回路を集積したことで、設計を簡素化できる。

Rel_150629_TI.jpg 抵抗型圧力センサー・シグナル・コンディショナ「PGA900」

 さらに、ARM Cortex-M0コアを統合しており、ユーザーは温度補償と直線性補正のアルゴリズムをプログラムできる。電源ピン経由のOne-Wireインタフェースで通信、設定、校正が可能で、追加の信号線も必要ない。

 1000個受注時の単価は4.50米ドルで、6×6mmのVQFNパッケージで提供する。PGA900の評価モジュール(EVM)は249米ドル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.