ニュース
» 2015年07月27日 09時00分 UPDATE

アナログ・デバイセズ HMC1127/HMC1126:周波数範囲2〜50GHzのMMIC広帯域パワーアンプ

アナログ・デバイセズは、MMIC広帯域パワーアンプ「HMC1127」「HMC1126」を発表した。2〜50GHzの広い周波数範囲で、周波数帯域間のRFスイッチを必要としないため、システム設計を簡素化できる。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズは2015年7月、MMIC(モノリシックマイクロ波集積回路)広帯域パワーアンプ「HMC1127」「HMC1126」を発表した。GaAs(ヒ化ガリウム)pHEMTをベースとし、計測機、マイクロ波無線、VSAT(衛星通信用の超小型地上局)アンテナ、宇宙航空、防衛システム、テレコム・インフラストラクチャ、光ファイバー・アプリケーションなどの用途に向ける。

周波数範囲2〜50GHzをカバー

 HMC1127/HMC1126は、2〜50GHzの広い周波数範囲を持つパワーアンプとなる。周波数帯域間の(切り替え用)RFスイッチが必要ないため、システム設計を簡素化し、性能を改善できる。各アンプには、50オームに内部マッチングされたI/Oを集積し、マルチチップモジュールが容易に搭載可能。また、0.31mm(12ミル)間隔の0.02mm(1ミル)ワイヤボンド2本を経由して接続したチップにより、全てのデータを取得できるという。

Rel_150716_analog.jpg MMIC広帯域パワーアンプの応用イメージ

 パッケージはダイで提供され、サイズはHMC1127が2.7×1.45×0.1mm、HMC1126が2.3×1.45×0.1mm。1000個受注時の単価は、HMC1127が113米ドル、HMC1126が103米ドルとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.