ニュース
» 2015年08月26日 11時30分 UPDATE

シリコンラボ Si5348:低ジッタ・省電力のパケットネットワーク同期装置クロックIC

シリコン・ラボラトリーズは、パケットネットワーク同期装置クロックICの新製品「Si5348」を発表した。従来品に比べ、80%の低ジッタ化、50%の小型化、35%の省電力化を達成している。

[EDN Japan]

 シリコン・ラボラトリーズは2015年8月、パケットネットワーク同期装置クロックICの新製品「Si5348」を発表した。従来の同期装置に比べ、80%の低ジッタ化、50%の小型化、35%の省電力化を達成したという。

 同製品によりハードウェア設計者は、ワイヤレス、電気通信インフラストラクチャ、ブロードバンド・ネットワーク(G.fast DSLやPONなど)、データセンターのアプリケーション向けに「チップ上のクロックツリー構造」ソリューションを同期イーサネット(SyncE)、IEEE 1588v2や汎用周波数変換に実装できる。

クラス最高のジッタ性能

 パケットネットワーク経由で同期を実行する手段として、IEEE 1588とSyncEが広く普及している。Si5348は、IEEE 1588、SyncE、Stratum 3クロック要件に準拠したタイミング・ソリューションにおいて、クラス最高のジッタ性能を提供。デバイスを幅広いタイミング・カードやライン・カード・クロック・アーキテクチャで使用できる。さらに、外部ホスト・プロセッサで実行されているIEEE 1588ソフトウェアと簡単に相互運用できるよう設計され、システム統合を簡略化できるという。

Rel_150813_SiliconLabs.jpg パケットネットワーク同期装置クロックIC「Si5348」

 パケット・タイミング・アプリケーションでは、安定性の高いオシレータが重要な役割を果たすが、Si5348はユニバーサル基準入力ポートをサポートするため、デバイスが任意の周波数であるTCXO(温度制御クリスタル・オシレータ)/OCXO(オープン制御クリスタル・オシレータ)とペアリングすることができる。

 単価は出力周波数に応じて10〜12米ドル/1万個で、パッケージは9×9mmのQFNパッケージとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.