ニュース
» 2015年08月27日 09時00分 UPDATE

東芝 TC7764WBG:Qi規格ローパワー仕様準拠の高速ワイヤレス給電用レシーバIC

東芝 セミコンダクター&ストレージ社は、Qi規格準拠のモバイル機器向けに、ケーブル充電と同程度の速度で充電できるワイヤレス給電用レシーバIC「TC7764WBG」を製品化し、量産出荷を開始した。

[EDN Japan]

 東芝 セミコンダクター&ストレージ社は2015年7月、スマートフォンやアクセサリーなど、Qi規格に準拠したモバイル機器向けに、ケーブル充電と同程度の速度で充電できるワイヤレス給電用レシーバIC「TC7764WBG」を製品化し、量産出荷を開始した。

最大出力電力5W駆動

 TC7764WBは、回路を最適化することで、搭載機器の相互互換性を改善。自らの発熱量を低く抑え、ケーブル充電と同等の最大出力電力5W駆動を可能にした。

Rel_150813_TOSHIBA.jpg Qi規格ローパワー仕様(V1.1.2)に準拠した高速ワイヤレス給電用レシーバIC「TC7764WBG」

 WPC(Wireless Power Consortium)が策定するQi規格ローパワー仕様(V1.1.2)に準拠し、最大出力電力5Wで95%の最大電力変換効率を達成している。給電時のプロトコル制御回路、過温度保護機能(TSD)を内蔵する他、低電圧保護(UVLO)/過電圧保護(OVLO)機能、異物検出機能を備えた。

 スマートフォンなどのモバイル機器、モバイルアクセサリー、玩具などの用途に向ける。パッケージは、WCSP28(2.4×3.67×0.5mm)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.