ニュース
» 2015年09月14日 09時00分 UPDATE

ルネサス RX111セーフティパッケージ:国際規格IEC61508など機能安全に対応のパッケージ

ルネサス エレクトロニクスは、産業機器の機能安全に対応したセーフティパッケージとして、「RX111セーフティパッケージ」を発売した。国際規格IEC61508 SIL3認証に対応し、開発期間を約1/3に短縮できる。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2015年9月、産業機器向けの国際規格IEC61508などの機能安全に対応したセーフティパッケージとして、「RX111セーフティパッケージ」を発売した。同時に、32ビットマイコン「RX111」搭載評価ボードと、自己診断ソフトウェアをセットにした「RX111セーフティパッケージ(評価版)」も発売している。

 同社では、モーション監視やネットワークなどの高速データ処理が求められる産業機器向けに、32ビットマイコンを使用した「RX631,RX63Nセーフティパッケージ」を提供している。今回、その第2弾として、センサー機器など向けに、低消費電力なマイコンでの機能安全システムを可能にするため、RX111セーフティパッケージを開発した。

Rel_150904_renesas01.jpg 産業機器向け機能安全ソリューション「RX111セーフティパッケージ」 出典:ルネサス エレクトロニクス

 RX111セーフティパッケージは、センサー機器やドライブ制御、機械的安全スイッチの電子化対応などの応用に適した、低消費電力マイコン対応の機能安全ソリューションとなる。「RX111グループ」の故障分析・診断手法・診断率検討などのセーフティ分析を行う自己診断ソフトウェアと、機能安全認証に必要な情報をまとめたセーフティ・マニュアルから構成されている。

 自己診断ソフトウェアは、ROM容量が比較的少ないRX111マイコンに合わせ、診断プログラムサイズをRX631,RX63N版の1/2に低減。より小さなメモリ製品の選択も可能で、状態監視用のセンサー機器、モータドライブ機器のトルク遮断制御、安全リレーや安全スイッチなどの機械的安全機構の電子化への応用もできる。

国際規格IEC61508 SIL3の認証を取得

 また、機能安全の国際規格IEC61508 SIL3認証を取得しているため、自己診断ソフトウェア・ライブラリに対し、同規格が求めるソフトウェア開発プロセスへの適合性の確認を省略することも可能。このため、RX111セーフティパッケージを使用することで、システム開発時のセーフティ分析や故障診断などの作業のうち、マイコンのハードウェア診断に関する開発期間を約1/3に短縮可能だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.