ニュース
» 2015年09月15日 09時00分 UPDATE

セイコーNPC SM3471AB/CF3412A:機能設定方法を簡素化したエンコーダ用逓倍IC

セイコーNPCは、エンコーダ用逓倍IC「SM3471AB」と透過型リニアアブソリュートエンコーダ用IC「CF3412A」を発売した。SM3471ABは、消費電流を従来比40%削減している。

[EDN Japan]

 セイコーNPCは2015年9月、光エンコーダ出力を高分解能化する逓倍IC「SM3471AB」と、透過型リニアアブソリュートエンコーダ用IC「CF3412A」を発売した。

消費電流を従来比40%削減

 SM3471ABは、最大32逓倍まで可能な同社従来品「SM3470BB」の技術を利用し、機能設定方法の簡素化と低消費電流化を可能にしたエンコーダ用逓倍ICとなる。入力周波数は最大300kHz、出力周波数は最大2.5MHzまで対応し、光エンコーダ出力の逓倍数は2/4/8/16から選択できる。消費電流は従来品に比べて約40%削減し、小型・低消費電力が求められる測定器、実装機、産業用ロボット、カメラ用レンズなどの用途に対応する。

Rel_150904_seikonpc.jpg エンコーダ用逓倍IC「SM3471AB」

 CF3412Aは、透過型リニアアブソリュートエンコーダ向けの受光IC。フォトダイオードアレイとアナログフロントエンド回路を1チップに内蔵したことで、システムの小型化が可能になるという。最大18ビットの高速アブソリュート出力により、最長15.7m(60μm×18ビット)のロングストローク計測に対応が可能となっている。電源電圧は4.0〜5.5Vで、消費電流は5mA。X-Yステージ、測定器、工作機器などの用途に向けて展開していく。

 価格(税別)は、SM3471ABが1200円、CF3412Aが5000円。月間量産数は、それぞれ5万個と1万個を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.