ニュース
» 2015年09月15日 11時30分 UPDATE

東芝 TLP7820他:ΔΣ型A-D機能内蔵のアイソレーションアンプ

東芝は、ΔΣ(デルタ・シグマ)型A-D変換回路を内蔵した光結合型アイソレーションアンプ4製品の出荷を始めた。インバータやロボット、太陽光発電インバータ、UPS、サーバー用電源などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EDN Japan]

 東芝は2015年9月、ΔΣ(デルタ・シグマ)型A-D変換回路を内蔵した光結合型アイソレーションアンプ4製品の出荷を始めた。インバータやロボットなどの産業機器や太陽光発電インバータ、UPSやサーバー用電源といった用途に向ける。

 新製品は、アナログ出力でパッケージがSO8Lの「TLP7820」とDIP8の「TLP7920」および、デジタル出力でパッケージがSO8Lの「TLP7830」とDIP8の「TLP7930」をそれぞれ用意した。

tm_150914toshiba01.jpg ΔΣ型A-D変換回路を内蔵した光結合型アイソレーションアンプの外観

 インバータやサーボアンプなどの用途においては、高精度の動作が求められている。このため、モーターの相電流やバス電圧変動をより正確にモニターし、そのデータをマイコンにフィードバックすることが極めて重要となっている。

 新製品は、入力側に精度の高いΔΣ型変換回路を内蔵した。これにより、アナログ出力品では出力ノンリニアリティが標準で0.02%を実現、デジタル出力品では積分非直線性誤差が標準で3LSB(Least Significant Bit)という性能を達成している。

 また、コモンモードトランジェント除去能力は20kV/μsを達成しており、大きいノイズが発生するモーター制御などの用途でも動作は安定している。絶縁耐圧は5000Vrmsを保証する。

関連キーワード

インバータ | 回路 | 太陽光発電 | 東芝 | 電源


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.