ニュース
» 2015年09月16日 09時00分 UPDATE

テレダイン・レクロイ Eclipse X34:UniPort/UFSをサポートしたプロトコルアナライザ

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、MIPI M-PHYプロトコルアナライザ「Eclipse X34」が、従来のSSIC、MPCIeに加え、新たにUniPort/UFSをサポートすることを発表した。

[EDN Japan]

 テレダイン・レクロイ・ジャパンは2015年9月、MIPI M-PHYプロトコルアナライザ「Eclipse X34」が、従来のSSIC、MPCIeに加え、新たにUniPort/UFSをサポートすることを発表した。

記録容量は最大64Gバイト

 Eclipse X34は、High Speed GEAR1/GEAR2/GEAR3、Low Speed G0-G7に対応し、単体で4レーン、2台同時使用で8レーンまでの解析が可能。

 記録容量は単体使用時に4Gバイト、メモリオプションによって32Gバイトまでアップグレードが可能で、2台連結時には64Gバイトまで使用できる。プローブは、SMAコネクタケーブル、マルチリードタイプ(はんだ付け)、ミッドバスを揃えている。

Rel_150904_teledyne.jpg MIPI M-PHYプロトコルアナライザ「Eclipse X34」

 今回、Uniport/UFSに対応したことで、IPI規格に準拠した試験と解析に加え、デバッグツールであるオシロスコープ用アプリケーション「UNIPROBusD」との連携が可能になる。SSIC、M-PCIe、UniPort/UFS規格によるトラフィックの観測、捕捉、デコード、解析も可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.