ニュース
» 2015年09月24日 09時00分 UPDATE

リニアテクノロジー LTM8054:36V入力、5.4A μModule昇降圧レギュレータ

リニアテクノロジーは、36V入力(最大40V)、5.4A出力のμModuleレギュレータ「LTM8054」を発売した。入力、出力電流の制限とモニター機能を備え、LED駆動、バッテリーチャージャなど、定電流動作を必要とするアプリケーションに対応できる。

[EDN Japan]

 リニアテクノロジーは2015年9月、36V入力(最大40V)、5.4A出力のμModule(マイクロモジュール)レギュレータ「LTM8054」を発売した。産業用制御、自動車用、太陽光発電、大電力バッテリー駆動システムなどのアプリケーションに向ける。

出力電圧の維持と安定化

 LTM8054のデバイスは、インダクタ、DC-DCレギュレータ、MOSFET、サポート部品を内蔵している。デバイスが継ぎ目なく降圧と昇圧の動作間を移行するため、入力電圧と出力電圧の片方、または両方が大きく変わっても、安定した出力電圧を維持できるという。入力電源電圧は5〜36V。降圧、昇圧、昇降圧(VINがVOUTに近い時)の3モードで動作し、1.2〜36Vの出力電圧を安定化する。

 また、4スイッチ昇降圧トポロジーを採用し、24V入力/12V出力(降圧)時に92%、36V入力/24V出力時に94%と効率を最大化できる。入力電流と出力電流の制限とモニター機能を搭載し、各種入力源からの負荷を分担動作する。

 1本の外付け抵抗を使ってスイッチング周波数を100〜800kHz範囲で調整でき、200〜700kHzの外部クロック周波数への同期も可能だ。

Rel_150910_linear.jpg 5.4AμModuleレギュレータ「LTM8054」の標準的応用例

 パッケージは11.25×15×3.42mmの小型BGA(Ball Grid Array)で、−40〜125℃と−55〜125℃の温度範囲で動作する。1000個時の参考単価は15.95米ドルからで、同社の国内販売代理店経由で販売される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.