ニュース
» 2015年09月30日 09時00分 UPDATE

フリースケール QorIQ LS1043Aベース:10Gbps Wi-Fi対応のレジデンシャルゲートウェイ

フリースケール・セミコンダクタは、新たなQorIQ LS1043Aベースのレジデンシャルゲートウェイを開発した。ARMv8ゲートウェイSoCのQorIQ LS1043Aと、QSR10G 10G Wave 3 802.11ac Wi-Fi製品ファミリをベースとしている。

[EDN Japan]

 フリースケール・セミコンダクタは2015年9月、Quantenna Communicationsとの協業により、新たなQorIQ(コアアイキュー)LS1043Aベースのレジデンシャルゲートウェイを開発したと発表した。同製品とLinuxベースのセキュリティ、ビデオストリーミング、ネットワークのアプリケーションを組み合わせることで、帯域幅、スループット、サービス品質を向上できるという。

10GbpsのWAN接続が可能

 今回開発されたレジデンシャルゲートウェイは、10Gインタフェースに対応するARMv8ゲートウェイSoCのQorIQ LS1043Aクアッドコアプロセッサと、QuantennaのQSR10G 10G Wave 3 802.11ac Wi-Fi製品ファミリをベースとしている。

 Quantennaの10G Wave 3 Wi-Fi製品ファミリは、最大12ストリームの処理ができる。また、ホームアクセスポイントの要件を満たす柔軟性とスケーラビリティにより、Wi-Fiデバイスの管理とサポートを可能にしている。

 ベースとするQorIQ LS1043Aプロセッサは、標準消費電力5Wで1.6GHzの処理性能を持ち、仮想化ハードウェアを内蔵。同プロセッサの10Gイーサネットポートを利用することで、銅ケーブルや光ファイバーケーブルによる10GbpsのWAN接続も可能という。

Rel_150917_freescale.jpg QorIQ LS1043Aベースのレジデンシャルゲートウェイのイメージ

 QorIQ LS1043Aプロセッサはサンプル出荷中で、新しいLS1043Aリファレンスデザインは2015年10〜12月中に提供を開始予定。開発ツールには、低レベルのルーティング、セキュリティのアクセラレーション機能、CodeWarriorのツールチェーンを実装したLinux OpenWRTベースのアプリケーション・ソリューション・キットを用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.