ニュース
» 2015年10月02日 09時00分 UPDATE

TDK KWS-Aシリーズ:外付け部品が不要のAC-DCオンボード電源

TDKはAC-DCオンボード電源「KWS-Aシリーズ」を開発したと発表した。従来製品より大幅な小型化を実現し、基板上の占有面積を66%低減。ヒューズや電解コンデンサなどの外付け部品が不要な“オールインワン設計”とし、基板設計の負担を軽減する“使いやすさ”を追求した製品であるという。

[庄司智昭,EDN Japan]

 TDKは2015年10月1日、使いやすさを重視したAC-DCオンボード電源「KWS-Aシリーズ」を開発したと発表した。従来製品の「KWSシリーズ」より大幅な小型化を実現し、基板上の占有面積を66%低減した(出力10Wモデルでの比較)。ヒューズや電解コンデンサなどの外付け部品が不要な“オールインワン設計”とし、基板設計の負担を軽減している。

 出力は、顧客からの要望に応えて、従来製品と同じ5W、10W、15Wモデルに加えて25Wモデルを追加。半導体製造装置や通信機器、交通監視装置などの制御基板に適しているという。

ts151001_KWS01.jpgts151001_KWS02.jpg 左=AC-DCオンボード電源「KWS-Aシリーズ」。左から5W、10W、15W、25Wモデルとなっている/右=従来製品「KWSシリーズ」との大きさ比較(10Wモデル) (クリックで拡大)

無負荷時の待機電力も低減

ts151001_KWS03.jpg 従来製品との効率比較(入力電圧200VAC、出力電圧12V) (クリックで拡大) 出典:TDK

 KWS-Aシリーズは、より小さい部品を採用したことや回路設計の見直しを行ったことにより、従来製品と比較して効率を改善し、77〜88%の高効率を実現した。無負荷時の待機電力は0.5W以下に抑えている。

 従来製品で保証していなかった−40℃での起動を保証し、幅広い動作周囲温度(−10℃〜+85℃)の使用も可能にした*)

*)従来製品の動作周囲温度は、−10℃〜+75℃。

 KWS-Aシリーズの外形寸法は、5W/10Wモデルが25.4×21.5×38.1mm、15Wモデルが25.4×24×50.8mm、25Wモデルが25.4×29×63.5mmとなっている。入力電圧範囲は85〜265VAC/120〜370VDC、出力電圧は5/12/15/24VDCである。

 1個当たりの標準価格は税別で、2600円(5W)/2700円(10W)/3200円(15W)/3800円(25W)。2015年10月1日より受注を開始し、11月より量産を開始するという。

関連キーワード

設計 | 電源 | TDK | 電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.