ニュース
» 2015年10月05日 09時00分 UPDATE

NXP Mantra RFファミリ:3ch同時受信可能なスマートキー向けRFチップ

NXPセミコンダクターズは、セキュアなカーアクセスと車両管理向けの高性能トランシーバ/レシーバ「Mantra RFファミリ」を発表した。1つのICで多数の周波数に対応し、最大3チャネルまで同時並行受信ができる。

[EDN Japan]

数百メートルで双方向通信可能

 NXPセミコンダクターズは2015年9月、セキュアなカーアクセスと車両管理向けの高性能トランシーバ/レシーバ「Mantra RFファミリ」を発表した。数百メートルの距離でキーフォブと車間の双方向通信を可能にする、長距離2ウェイRFリンクを提供するという。

 Mantra RFファミリは、ミドルエンドからハイエンドの車のアクセス機能向けに開発されたRFチップファミリとなる。高い感度とブロック性能を備え、電波妨害に対する堅牢性とスムーズな信号受信を可能にしている。1つのICで、315、345、426、434、447、868、915、950MHzの周波数に対応し、最大3チャネルまで同時並行受信ができる。また、2つのRF入力により、シーケンシャル・アンテナ・ダイバーシティを可能にした。

 タイヤ空気圧の監視、クルマの診断/管理など、さまざまなレシーバユニットのカーアクセスモジュールへの集積が可能。これにより、全般的なシステムコストを低減するという。また、強力なセキュリティ/認証機能により、無許可のアクセスを防止できる。

Rel_150917_NXP.jpg 高性能トランシーバ/レシーバ「Mantra RFファミリ」のイメージ

 同社では、Mantraを採用したクルマのキーを使用すると、燃料、バッテリーレベル、最新のメンテナンスデータを遠隔で確認でき、ドアや窓の施錠確認、遠隔ロック操作、エンジンの始動、車内温度の事前設定なども可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.