ニュース
» 2015年10月13日 09時00分 UPDATE

アンリツ MX882112C-041など:LTE-Advancedの評価を可能にするソフトウェア

アンリツは、携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ「MT8821C」の機能を強化し、1台の無線テスタでLTE-Advanced DL CA 4CCsの評価を可能にするソフトウェアを発売した。

[EDN Japan]

 アンリツは2015年9月、同社の携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ「MT8821C」の機能を強化し、1台の無線テスタでLTE-Advanced DL CA 4CCsの評価を可能にするソフトウェアを発売した。

 今回開発されたソフトウェアは、FDD方式のLTE-Advancedに対応した「MX882112C-041」「MX882112C-046」と、TDD方式のLTE-Advancedに対応した「MX882113C-041」「MX882113C-046」、LTE VoLTE エコーバック「MX882164C」の5種となる。

Rel_150928_Anritsu.jpg 携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ「MT8821C」

RF受信性能評価/IPデータ転送試験に1台で対応

 同ソフトウェアをMT8821Cに搭載することで、LTE-Advanced DL CA 4CCs 2x2 MIMOでのRF受信性能評価、IPデータ転送試験に1台で対応できる。

 MX882164Cは、MT8821Cへの搭載により、VoLTE音声接続状態での消費電力試験やSAR試験などが可能になる。MT8821Cの内部サーバを使用するため、外付けPCがなくてもVoLTEエコーバック試験が可能。

 さらに、LTE測定ソフトウェアの設定を自動的に内部サーバに反映し、VoLTE接続のための複雑な設定を必要とせずに、VoLTEエコーバック試験ができるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.